賃貸スタイルトップ > 住まいQ&A

住まいQ&A

57.手付金支払い後のキャンセル

賃貸の申し込みをして、手付金を払った後でもキャンセルってできるのですか?その場合キャンセル料ってかかるのですか?

まず最初に、賃貸契約の前に、支払うお金については、契約を実行したかどうかに
よって、払った金額の意味合いが異なってくることを説明しておきます。
その種類は下記の2つです。

○ 預かり金(または申込金)…契約前に、その部屋を確保しておくために支払うお
金。

○ 手付金…契約を交わした後、代金の全部あるいは一部を先に渡すお金。

つまり契約をしていれば「手付金」、していなければ「預かり金」ということになり
ます。預り金については基本的には返還されるべきものですが、「手付金」は一度契
約をした後のキャンセルということになりますから、キャンセル時には放棄する
(帰ってこない)前提となります。

こう説明すると非常にわかりやすいようですが、実情はそうではありません。それは
契約書を交わすことを契約とするかどうかが解釈の分かれる状態にあるからです。

日本の法律には諾成契約という概念があり、契約書を交わしてなくとも、契約の意思
を見せると契約したと同意、とされています。ここで難しいのは、どの段階が「意
思」なのかが不明瞭にあることです。あなたが軽い気持ちで「預かり金」と思って
払ったお金も、もし「意思」に見えた場合は「手付金」と解釈されてしまう・・・。
しかも一般では「手付金と「預かり金」の区別も曖昧なので、不動産会社は「返せな
い」と言い、利用者は「返して欲しい」と・・・。したがってこの問題は各地でトラ
ブルになっています。


こういう危険を防ぐには、事前に金額を求められる場合に、預り証を出していただ
く、返却できる旨を確かめておく、などの対処まで行えば安心です。

別の観点をもう1点。返すか返さないのトラブルの原因として、入居者側のモラルの
問題も。あちこちの不動産会社で物件を見て、「とりあえず仮押さえをしとこう」
と、あちこちに手付金を入れる利用者に困ることもあって、不動産会社では預
かり金・手付金の区別なく「返しません」とまず説明しているケースもあるようで
す。

ご相談の方の場合、すでに申し込みをされたということが確実であれば、おそらく
「手付金」になると思われます。その場合は、金額は帰って来ないことになります
が、契約した意思がない、という場合は相談してみても良いでしょう。

PAGE TOP

賃貸スタイルトップへ
賃貸スタイル住まいのQ&A

PAGE TOP

Copyright© 2019 KG Intelligence CO.,LTD. All rights reserved.