賃貸スタイルトップ > 住まいQ&A

住まいQ&A

50.家賃の値下げ交渉は可能?

先週から新築の物件に住み始めたのですが、他の部屋が一部屋も埋まってないようです。 調べてみたら、完成前の募集より家賃が10,000〜15,000円ほど家賃を値下げしていました。 値下げ前の家賃で唯一入居した私は、一人だけ高い家賃を払っていかねばならないのでしょうか?

賃貸契約の家賃は、原則的には現在交わした契約が優先されます。したがって一般的には、他の部屋と家賃が異なっていても、それは「別の契約」となり、他の部屋が下がったから値下げされる、ということは起こりにくいものです。

今回の件の場合、他の部屋の家賃が下がっているから「下げて欲しい」と思わるでしょうが、逆に他の部屋が値上がりしていた場合にはどう思うでしょう? ほとんどの方が「あれは別の契約だから・・」と思いたいはずです。そんな風に、入居時期やその時の人気度、交渉の結果などによって、各部屋の家賃は異なるもの。まずは、そう考えられた方がよいでしょう。

しかし、そうはいっても、今回のケースの場合、設定家賃と実際の相場にずれがあったようにも想像できますから、交渉をしてみることも良いかと思います。しかし、交渉の結果は「少しでも譲歩があれば良い」程度とお考えください。

PAGE TOP

賃貸スタイルトップへ
賃貸スタイル住まいのQ&A

PAGE TOP

Copyright© 2019 KG Intelligence CO.,LTD. All rights reserved.