賃貸スタイルトップ > 住まいQ&A

住まいQ&A

35.畳の大きさが狭い!

5畳って聞いて入ったら畳一枚の大きさが狭いのが入っていて、「それでも5畳だから」って言われたんですけど…。家賃の値下げは出来ないのでしょうか?

畳にはいくつか種類があり、それぞれ大きさが違います。よく使われているサイズは、「京間(191cm×95.5cm)」、「江戸間(176cm×88cm)」、「中京間(182cm×91cm)」といったものがあり、おおまかに地域によっても違いますし、物件ごとにも違います。さらにマンションなどの集合住宅では、その部屋に合うように作られた畳もあります。

ちなみに首都圏不動産公正取引協議会による不動産広告ルールでは、「1畳あたりの面積は1.62平米以上でなければ、1畳と表示できない」とされています。これより小さいものは、その旨を明記していなければなりません。つまり、ご相談のお部屋も、畳1枚が1.62平米以上であれば、表記は間違っていないことになりますので、この件だけでの賃下げ交渉は難しいでしょう。

お部屋の正確な広さを知るには、実際に測ってみるしかないのが現状です。部屋探しの際には、自分の目で見て確かめることをおすすめします。ステップハウスでは、畳数とともに、できるだけ住戸全体の広さを平米にて表示するよう努力しております。こちらを参考にしてみてください。

PAGE TOP

賃貸スタイルトップへ
賃貸スタイル住まいのQ&A

PAGE TOP

Copyright© 2019 KG Intelligence CO.,LTD. All rights reserved.