賃貸スタイルトップ > 住まいQ&A

住まいQ&A

34.母子家庭は借りにくい?

母子家庭は、きちんとした保証人がいてもなかなか借りられないと聞きます。どうしてでしょうか? 家賃、子供の養育、すべてにおいて迷惑のかからないような態勢がとれていたとしても、借りにくいのでしょうか?

結論から言うと、やはり借りにくいのが現状のようです。

どんな入居者であれ、入居審査で重視される最大のポイントは支払い能力です。不動産会社や家主にとって、いちばん避けたいのは家賃の滞納です。

母親がひとり働いて、子どもの教育費と家賃、生活費をすべて支払うというのは、実際には難しいケースが多いようで、そのイメージが強い、という現状があると解釈ください。

あまり良い話ではありませんが、支払いが困難になり、滞納や夜逃げのようなことをしてしまう方もあるようです。おっしゃるような、保証人がいてもなかなか借りられないというのには、こういった背景があります。

母と子の入居で借りる際は、保証人などとともに、勤務先や見通しなどを伝え、きちんと継続して家賃を払えることを信頼してもらえるよう、しんぼう強く相談してみるべきでしょう。

PAGE TOP

賃貸スタイルトップへ
賃貸スタイル住まいのQ&A

PAGE TOP

Copyright© 2019 KG Intelligence CO.,LTD. All rights reserved.