賃貸スタイルトップ > 住まいQ&A

住まいQ&A

20.マンションとアパートの違い、一人暮らしの光熱費が知りたい。

賃貸マンションとアパートを比較して、各々の利点が知りたいのですが…。 それから、一人暮らしの際に使う光熱費(1Kの場合)を、だいたいで良いので教えてください。

●マンションとアパートの比較について。
「マンション」は鉄筋コンクリート造(RC)、または鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC)などの堅固な構造をもつ住戸です。木造などに比べると火災に強いです。一般的には高層で、住戸数がたくさんあります。エントランスが設けられていたり、オートロック設備や防犯カメラが設置されていたりと、共用部分や設備面でメリットがある場合が多いです。

「アパート」は、上記で記したマンション以外の共同住宅をいいます。木造や、軽量鉄骨造、重量鉄骨造のもので、2〜3階建ての小規模なものが多いようです。マンションに比べると耐火性は落ちますが、総戸数が少なめなので、生活面でのメリットも多いといえるでしょう。(※ステップハウスでは、探しやすくするため、木造を「アパート」、その他マンションでないものを「コーポ」と呼んでいます)

●一人暮らしの光熱費について。
電気、水道など公共料金は地域によって差があります。さらに、ガスは種類によって金額が異なります。そして、毎日お湯をためてお風呂に入るか、シャワーで済ますか、自炊をするか、エアコンをよく使うか…、などによって、数千円も変わってきます。以上をふまえて、おおまかに言うと、電気・水道・ガス代を合わせて月約1万円弱〜1万数千円程度が多いようです。さらに電話やインターネット料金など、利用するサービスによって変わってきますので、プラスして考えてみてください。

PAGE TOP

賃貸スタイルトップへ
賃貸スタイル住まいのQ&A

PAGE TOP

Copyright© 2019 KG Intelligence CO.,LTD. All rights reserved.